そもそもAGAってなんなの?

みなさんはAGAという言葉を聞いたことがありますか。

 

AGAと言うと、CMでタレントの爆笑問題がコントのようにおかしく説明しているのを見たことがある人はあると思いますが、症状などがどんなものかまではCMだけではわからないと思います。

 

最近聞かれるようになったAGA、これは病名でいえば「男性型脱毛症」とも呼ばれる症状のことです。

 

AGAによる薄毛

 

具体的には、頭皮やおでこの部分が病気のせいで禿げ上がっていく病気のことです。

 

単純に言えば「若禿」ともいえる病気なのですが、中には加齢によって毛が薄くなっている場合もあるので、AGAかどうかは病院で診察を受けないと判断できないこともあると思います。

 

AGAによって髪が薄くなる原因は、何と言っても男性特有のホルモンバランスの乱れによって、頭皮の健康が損なわれてしまう生活習慣病の側面であることが大きいです。

 

つまり、変色や不眠などが影響して、髪の毛に必要な栄養が不足していることで、髪の毛が少なくなることが多いのです。

 

もちろん、AGAは病気です。病気ということは、適切な治療をすれば頭皮の薄毛が解消されるので、機になる人は早く病院に行く方がいいでしょう。

 

最近ではAGA外来を開設している病院も増えているので、気になる場合は受診してみましょう。